パンプス クロックス|crocs

幅広足でメタボな人のためのバレエシューズを俺は作る!!幅広ベルの靴、クロックス化計画!

おすすめアイテム! ▶ 気分が上がる大人可愛いビオラのお花メモ!

投稿日:2013年10月20日 更新日:

ベルの靴、クロックス化計画!

春に買ったベルのバレエシューズをヘビロテしております。

このバレエシューズ、とにかくアッパーの、上側の皮が柔らかい。

可愛いベルの靴

なので、いつも足がでかくてきついわたしにとって、このベルの靴は神!!

なのですが・・・

実はソールが薄いのがちょっと足への衝撃を吸収しきれてないんですよね。

たぶんね、わたしがね、メタボだからかなあ、とか思うのですよ。

歩いた時、全体重がかかるかかとへの衝撃が半端ないわ!!

まあ、普通バレエシューズなんてものは、ソールが薄いものだと思うので、このベルの靴だけってことじゃないと思うんですが。

だけど、わたしは、このベルのバレエシューズの柔軟さと、足を優しく受け止めてくれるソールの衝撃性を兼ね備えた靴が欲しい!!

ということで、ベルの靴クロックス化計画を決行することにしました!



スポンサーリンク





まず幅広ベルの靴を買う

クッション性のある靴と言えば、クロックス!

クロックスライトの衝撃を吸収する力は相当のもんです。

実は、このクロックスのインソールを買ったんですよ!

シルバーソフトインソールって言うんですがね。

これね。

130707crocssilverinsole1.jpg

このシルバーソフトインソールを買った時に、持ってるベルの靴に入れてみたら、入れなくてもちょうどだったもんだから、入れたらきつかったんですよね。

ということは、大きい靴買って、シルバーソフトインソール入れたらいいじゃん!ということです。

ベルの靴は楽天市場で購入できますが、実は特注の幅広タイプがあります。

131020belle1.jpg

そこで、最初に買ったのは、25.5cmの靴でしたが、今回はベルのバレエシューズの幅広で26cnを買ってみました!

131020belle2.jpg

ちょうど在庫があるカラーを買ったので、割と届くの速かったです。

実際に履いてみると・・・

131020belle3.jpg

おおっ!履きやすい!

わたしのこの幅広の足で靴下履いても、あまりきつくないですよ!

131020belle4.jpg

幅広万歳!

これだけでもかなり楽ちんですが、これに、クロックスのシルバーソフトインソールを入れてみます。

131020belle5.jpg

入れてしまうと、中の小花柄が見えなくなるのが、若干寂しい。

131020belle6.jpg

気を取り直して履いてみると・・・

131020belle7.jpg

若干きつくなりましたが、足底のクロックスクッションが、かなりいい感じに効いています!

これだと、きつさ的には、25.5cmをシルバーソフトインソールなしで履いていた時よりラクチンな感じです。

冬はさすがに靴下履かないと寒いので、ベルの靴+シルバーソフトインソール+ソックスで快適に過ごせそう。

ということで、実験完了!

ベルの幅広バレエシューズ

今回購入したベルの幅広バレエシューズ。

131020belle8.jpg

足先は丸くて可愛い!

131020belle9.jpg

中のソールは、小花柄が散っていて可愛い。

131020belle10.jpg

かかと部分。ストラップを前へ倒したところ。

131020belle11.jpg

ストラップをかかとへフィットさせたところ。

131020belle12.jpg

ストラップはこんな感じでついています。

131020belle13.jpg

ストラップを前へ倒して履いても可愛いですが、わたしは、脱ぎ履きしやすい方が好きなので、ストラップは後ろへ倒して履いています。

131020belle14.jpg

靴底。これがね、もうちょっと分厚ければ言うことないんだけど、まあ、クロックスのシルバーインソール入れたらかなりクッションよくなることがわかったので、OK!

131020belle15.jpg

わたしが買ったのは、レンガ色です。可愛いでしょう☆

131020belle7.jpg

バレエシューズの幅広が欲しい人は、ベルのバレエシューズ幅広タイプ。

足底のクッションが、欲しい人は、クロックスのシルバーソフトインソールを使ってみてください!

おすすめです!

クロックスの中敷きはこちら!売ってるところ少ないんで、買いたい人はお早めに。

購入はこちら ▶ シルバーソフトインソールicon|クロックス公式ショップ

大人可愛いビオラの花メモ

-パンプス, クロックス|crocs

執筆者:たからにゃ

twitterフォローしてね☆