夏のひんやり寝具・家電ほか 冬のあったか寝具・寒さ対策・暖房ほか

エディオンでエアコンクリーニングをしました!

投稿日:

エアコンの奥のカビルンルン

そろそろエアコンのクリーニングをしないといけないなーと思ってたのですが、なかなか、手配するのも面倒くさくて、伸ばし伸ばしになってしまっていました。

エアコンのクリーニングしたよ!

でも、見てしまったんですよ。

エアコンのフラップとその奥にあるカビルンルンを……。

いやあああああああああああああああ。

ということで、速攻、電話してクリーニングの予約を取り付けました。

明日来てくれるってさ。

電話するだけなんだから、とっとと予約すればいいのに、人間切羽つまらないとやらんもんですね。

ふと気づけば、5年くらいクリーニングしてませんでした。

年とると、あっという間に年月たっちゃうよね。



スポンサーリンク





エディオンで頼んだ理由

エアコンのクリーニングしている業者っていろいろあると思うんですよね。

レベルもいろいろだし、お値段もいろいろかと思いますが、うちは、エディオンさんに頼みました。毎回頼んでます。

なんで、エディオンさんかというと、

1 ぶっちゃけ、新しいところ探すの面倒くさい
2 いつもエディオンさんで家電買ってて、親近感がある
3 実際利用してみて、特に嫌なこともなかった

の3つの理由ですね。

ほかと比べてないので、比較記事とかは書けないんですが、今回来てくださったお兄さんも、爽やかな方で、気持ち良くクリーニングしていただきました。

事前準備:片付けと風呂掃除

事前準備としては2つ。

まず、エアコン内部の何かを取り外して洗うのに、水道が必要となります。

一軒家とかで、外に水道があるお宅だとそこを使うのかもしれませんが、わが家は賃貸マンションで、自由に使える外水道はないため、いつも風呂場を使ってもらっています。

つまり、風呂場の掃除はしとこうか……となりますね。

この前、たまたま風呂場大掃除したんですよ……

しといてよかった……。

あと、当然ながら、エアコン下に、ブルーシートを敷いて、脚立を立てて作業しますので、エアコンを設置してある部屋の下は、片づけておいた方がいいのではないかと思います。

真っ黒な水が

全部お任せで、写真も撮ってないですが、これだけ汚れてました……と言って見せられた水が、真っ黒でした……。

うえええええ。

もっと定期的にお掃除をお願いしよう……。

気になるエアコンクリーニングの料金

ちなみに、気になるエアコンクリーニングの料金ですが、わたしが頼んだ時点の料金は、

1台目 11,000円(1台/税別)
2台同時申し込みで2台目以降 9,000円(1台/税別)
お掃除機能付きエアコンは、加算料金5,000円(税別・1台あたり)

でした。

お値段は変更になるかもしれないので、各自でそのつど確認してくださいね。

料金がわかるエディオンのページのurlはっておきます。

https://www.edion.com/member/EPM05030.html#tabArea1

今回2台掃除してもらって、1台がお掃除機能付きだったので、加算料金が必要でした。

わたしは、webより電話の方がすぐ訪問日時を決めてもらえるかと思い、いつも利用している店舗に電話して予約しました。

実はもう一台あるのですが、こどもの荷物の物置になっていて、現在手がつけられない状況なので、これをこどものところに送りつけてから、エアコンの掃除は頼むことにしようと思っています。

トータルで結局2台で27,000円かかりました。

エアコンクリーニングまとめ

これが昔なら、エアコンクリーニング業者の料金を調べて、スペック調べて、目星をつけて突撃してたんですが、もう、いつも頼んでるエディオンさんでいいや~、という感じで頼みました。

ブロガーとしての突撃精神、どこ行った。

いや、最近もう、ほら、絵を描く方でいろいろ試行錯誤や突撃を繰り返してるので、こっちに割く精神的余力がなくてね。

いつも家電買ってるエディオンさんなら、そんなに変なところじゃないだろうから、というのが、エディオンで頼んだ一番の理由です。

信用とか、安心感って大事ね。

最近は家のエアコンも一部屋に一台になってきて、エアコン掃除も金額的にも一仕事です。できれば、一年に一回くらい掃除したいところですが、金額的にもアレなので、でも、せめて三年に一回くらいは、お掃除したいですね。

五年も放置すると、わが家みたいに、いやああああああああ!!!と叫ぶことに。

ということで、うちの2台のエアコン綺麗になって、さっぱりして嬉しいな。

皆さんの家のエアコンは大丈夫ですか?

-夏のひんやり寝具・家電ほか, 冬のあったか寝具・寒さ対策・暖房ほか

執筆者:たからにゃ

twitterフォローしてね☆