ミニ作品集、販売中!
気に入ったらご購入いただけると嬉しいです。

販売サイトはキャノンが運営しているこちらのサイトです。
はじまりの歌|たからにゃ

スピードラーニング英語体験レポート

スピードラーニング英語電話レッスンで毎回最初に聞かれる3つのこと

投稿日:2011年11月5日 更新日:

スピードラーニング英語には、毎月無料で2回英会話の電話レッスンを受ける特典がついています。

せっかくなので、しっかり利用しちゃいましょう。

管理人も、子供が手を離れたら、海外あちこち旅行したいので、それまでにスピードラーニング英語で、英語力をぐんぐんアップさせますよ!

さて、電話レッスンを受けるためには、まず、サポートセンターへ電話をします。

それについては、こちらの記事にまとめているので、そちらを確認してくださいね。

▶ スピードラーニング英語電話レッスンの始め方

レッスンのやり方を教えてもらったらいよいよ電話レッスン直通電話へ電話をかけてレッスン開始ですが、レッスンの最初には毎回聞かれることが3つあります。

以下、どんな感じか再現を。

聞かれる順番は順不同かもですので、そのあたりは臨機応変に。

ちなみに、サポセンのセリフは適当です。違うかもなので、まあこんな感じのことをしゃべってる、というくらいで。

一応管理にも実際に聞いたのですが、テンションハイで相手の方が何しゃべってたか記憶が定かではありません・・・。

あと、受講者側の答えもこれであってるか、どうか微妙に不安(汗)。違ってたら、ゴメンナサイ・・・



スポンサーリンク





まず名乗ろう

電話に相手が出ます。とりあえず、ここでは受講者の名前を「太田あやか」にしておきますね。

サポートセンター(以下サポセン):Hello. Espritline Support Center.

とりあえず、名乗っておきましょうか。

受講者:This is Ayaka Ota.
:でぃす いず あやか おおた。
:太田あやかと申します。

フリートークがしたいの?

電話レッスンには、フリートークとリッスン&リピートがあります。

たいてい、フリートークですか?と聞かれるようなので、フリートークならYes、リッスン&リピートなら、何巻のリッスン&リピートです、と答えます。

サポセン:OK, Ayaka. Do you want to do Free talk?

フリートークをしたいなら、

受講者:Yes. 
:いえす
:はい

リッスン&リピートがしたいなら、

受講者:I want to do Listen & Repeat volume one,please.
:あい うぉんと とぅ どぅー りっすん あんど りぴーと う゛ぉりゅーむ わん ぷりーず
:1巻のリッスン&リピートをお願いします。

何巻のというときは、「volume ○」です。二巻なら、「volume two」ですね。

とりあえず、「フリートーク」という単語が聞こえたら、「イエス」か「リッスン&リピート ヴォリューム○、プリーズ」のどっちかを答えるということで。

受講者番号を答えよう

それから、受講者番号も聞かれます。

サポセンの方に「customer number(カスタマーナンバー)」を聞かれたら、英語でカスタマーナンバーを答えましょう。

サポセン:OK. Can I have your customer number?

受講者:Yes. Zero, nine ,zero,…
:いえす。ぜろ、ないん、ぜろ・・・
:はい。090・・・

いよいよ電話レッスン開始

毎回この3つは答えることになるので、メモしておいてもいいかもしれませんね。

それでは、この3つを答えたら、いよいよ電話レッスンの開始です。

まずは、管理人、リッスン&リピートを体験しましたので、次回は、そのレポートです。

-スピードラーニング英語体験レポート

執筆者:たからにゃ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twitterフォローしてね☆