サントリーブロガーイベント「コーヒー『復活の香り』を楽しもう」レポートその3:珈琲抽出ペーパードリップ編

復活の香りの誕生についてのお話を聞いた後は、いよいよ実践編。まずは、ペーパードリップでの抽出方法についての講義です。

淹れる人によって味が変わるペーパードリップ

珈琲の入れ方については、いくつか方法がありますが、ペーパードリップはお手軽な反面、その人の入れ方によって、大きく味が変わる入れ方なのだそうです。

だから、正しい?というか、美味しい入れ方をマスターするのがポイント。

1 ペーパーをセット

まずは、ペーパーを折って、ドリッパーにセットしますが、なるべく内側の線に沿うように、すき間が出来ないように注意します。

2 粉を入れてトントン

ドリッパーに挽いた豆を入れます。一人分はスプーン一杯10g。

ドリッパーを手首で軽くとんとんとたたいて、珈琲の表面を平らにします。

真ん中を少しおさえて、ちょっとだけ穴をあけます。

3 蒸らし

お湯を、珈琲の粉に一通りかけて、蒸らします。ポット低く持ち、のの字を描くように円運動で。

なぜ、蒸らしが必要なのか。

珈琲を焙煎した時に、コーヒー豆がふくらんで、スポンジ状になりますが、ここに炭酸ガスが入っています。蒸らすことで、この炭酸ガスを追い出し、美味しく均一に抽出できるようになる。

4 抽出

蒸らし用のお湯をまわしかけると、下からぽたぽたとしずくが落ちてくるので、それが止まったら、のの字を書くように、じっくりと、なるべくガスがぼこぼこしないように、お湯を回し入れます。

豆の表面1cmくらいまでお湯を入れます。

端に近い部分にはお湯をいれないようにします。

クリーム状の泡が表面に出ているのがよい状態。

お湯は常に入っている状態。お湯が切れると、豆の表面に空気がふれ、急速に酸化がすすむため。

最後は、雑味や、えぐみが出るので、お湯が落ちきらないうちに、ドリッパーをはずします。

一人分10gのコーヒー豆に、基本150gのお湯。そこから好みに応じて調整。

抽出時間は、4杯でトータル基本3分くらい。

ペーパードリップまとめ

蒸らすのが面倒なので、たまに、蒸らしをあまりせずにちゃちゃっと淹れてしまってましたが、こうしてお話を聞くと、入れ方にも理由がある、というのが納得できてよいですね。

今度からはもうちょっとじっくりと淹れて、もっと美味しく飲もうと思います。

次はコーヒープレスでの抽出。

復活の香り関連リンク

▶ この記事は、MONO-PORTAL:極上珈琲「復活の香り」のある暮らしを10倍楽しもう!レビュー企画に参加して書いた記事です。MONO-PORTALのサイトは2017年10月に閉鎖となりました。
▶ 珈琲提供:サントリー

復活の香り関連記事をもっと見る!
▶ 極上コーヒー「復活の香り」

タイトルとURLをコピーしました