岡山で部分日食の影の写真を麦わら帽子で撮影:写真あり

せっかくの部分日食だというのに、岡山はほとんどの時間、雲に覆われていて、写真が撮れたのは一瞬でした。なんてついてなかったんでしょう。

時折、雲の合間から太陽が姿を見せていたので、日食グラスがあれば、欠けている様子が、ひょっとしたら、観察できたかもしれません。

管理人は、日食グラスは子どもたちに渡してしまったので、影の写真を撮ろうと思っていたのですが、光量不足で四苦八苦。

結局、最大色のちょっと前くらいに、なんとか3枚くらい撮影できました。

結構難しい日食撮影

最初は、勝手がわからず、穴の開いたものを探して、家の中探しまわってました。

光量が少なかったせいか、それとも、そういうものなのか、そのまま影をうつしても、うまく、太陽の形に写らなくて。

麦わら帽子も、かざしてくっきりしたところでは、麦わら帽子のすき間の形にしか写らなくて、ちょっとぼやけた?くらいの時に、日食の形に写ったような気がします。

たぶん、これって、日食の形なんだろうな、と思える、写真です。

岡山で、撮影データは、2009/7/22 10:57撮影ですが、パソコンの時刻と比べると2分遅れてるので、もしかすると、10:59撮影かもです。

クリックすると、大きな写真を見ることができます。大容量注意!

日食麦わら帽子写真その1

日食麦わら帽子写真その2

日食麦わら帽子写真その3

このページの日食写真の著作権・転載について

こんな写真、使われる方がおられるかどうかはわかりませんが、著作権は放棄しませんが、このページの日食写真3枚は転載していただいて結構です。(当サイトのその他の写真は転載不可です。)

webで掲載する場合は、「日食写真提供:こどもとjp」というテキストで、「https://www.kodomoto.jp/」へリンクを掲載してください。

当サイトへのリンクを掲載してくだされば、画像はダウンロードしても、サムネイル画像への直リンクでも結構です。(ただし、アクセス数が多いサイトさんは、お手数ですが、ダウンロードの上、当サイトへのリンク掲載で対応お願いします。)

日食の大きな画像への直リンクはサーバの負担が大きいので、しないでください。

サムネイルへの直リンクを掲載される方は、将来、日食画像のURLが変更され、表示されなくなることもあるかもしれませんので、それについては、ご了承ください。

万が一、印刷物に掲載したいと言われる方は、当方あて、メールにてご連絡ください。

もし、学校の先生が教育用に使われる場合は連絡不要です。プリントでもスライドでもなんでも使って、天文好きのお子さんをじゃんじゃん増やしてください。

タイトルとURLをコピーしました