寝苦しい夏は枕にもヒンヤリパッドを!セシールで買ったひんやり系枕パッド対決!?アイスポイントVSクールパートナー

ヒンヤリ系枕パッドを買いました

この春、賃貸マンションに引っ越したのですが、やっぱりなんだか一戸建てよりも暑いよ・・・

ということで、少しでも涼を求めて、枕にヒンヤリパッドをつけることにしました。

どこがいいかわからんので、とりあえずセシールで値段が手頃なのを買いました。

「アイスポイント」吸汗さわやか枕カバー購入レビュー

まずは、「アイスポイント」吸汗さわやか枕カバーの購入レビューから。

12020icepoint1.jpg

こちらが購入したアイスポイントの枕カバー。

12020icepoint2.jpg

キルトカバーの端にゴムが二カ所ついていて、枕に止めることができます。

12020icepoint3.jpg

さわった感じ、ちょっとふわっとした感じです。

12020icepoint4.jpg

裏面はさらっとした感じ。

12020icepoint5.jpg

枕につけてみました。

12020icepoint6.jpg

12020icepoint7.jpg

クールパートナー枕パッド購入レビュー

お次は、クールパートナーの枕パッド。

120620coolpartner1.jpg

枕カバーの構造は基本的に同じ。

120620coolpartner2.jpg

洗濯機で洗えるようです。

120620coolpartner3.jpg

へー、表は綿と麻なんだ。毛玉になりにくいかもね。

クールパートナーの肌触りは表もさらっと。

120620coolpartner4.jpg

裏もさらっと。

120620coolpartner5.jpg

クールパートナーを枕につけてみました。

120620coolpartner6.jpg

120620coolpartner7.jpg

アイスポイントVSクールパートナー

さて、せっかくなので、アイスポイントVSクールパートナー対決いってみます。

まず、肌触りですが、ふんわり感を求めるならアイスポイント。

さらっと感を求めるならクールパートナーです。

そして、一番大事なひんやり感は・・・

アイスポイントの方がひんやりと感じます!

が、まあどっちも触るとヒンヤリしてるような気がする・・・という感じで、そもそも体感でしか語れないところがorz

がしかし、ここからはわたしの推論ですが、長持ちするのは、クールパートナーかと思われます。

というのも、アイスポイントの素材は、

■[キルトタイプ]表生地/ポリエステル56%ナイロン44%(アイスポイント®) 裏生地/ポリエステル65%綿35%
※裏面ゴムバンド付き [Lサイズ]ポリエステル56%ナイロン44%(アイスポイント®)

そして、クールパートナーの素材は、

■表生地/綿80%麻20%(アイスコットン糸使用) 裏生地/ポリエステル65%綿35% 中わた/ポリエステル100%
※裏面ゴムバンド付き

ポリエスエルやナイロンなどの素材は、安価ではありますが、たとえば、以前ポリエステル混の布団カバーを買ったら一年とたたずに毛玉になったことが・・・

ですから、アイスポイント、ひんやりしてるけど、毛玉大丈夫かな?とちょっと心配です。

その点、クールパートナーは、綿と麻の天然素材を使用しているので、長持ちしそうです。

ただ、枕カバーは寝ている時の汗をたっぷり吸いますから、消耗品と考えて、1年程度でどんどん買い換える、と考えるのも一つの手ではありますね。

と、まあこう考えると、ふわっとした肌触りが好きな方は、アイスポイント。

さらっとした天然素材がお好みの方はクールポイントが良いかもしれません。

ということで、ひんやり枕パッド対決でした。

セシールのひんやり寝具はこちらから。

購入はこちら ▶ 涼感寝具でひんやり快適icon
購入はこちら ▶ セシール

タイトルとURLをコピーしました