遮熱レースカーテン、UVカット約96%、遮熱約35%!ディノスのリーフ柄レースボイルカーテン効果レポート

遮熱・UVカットカーテンを引っ越しで新調

二階建ての一軒家の賃貸から、賃貸マンションへ引っ越しまして、カーテンもいくつか買い換えました。

前の家は窓が、10個以上あって、カーテン洗うのもそろえるのも一苦労でしたが、今のマンションは、4つしか窓がないので、カーテンの管理もラクチンです。

前の家でかなりの部分、遮熱・UVカットのカーテンに途中で買い換えたので、気に入っていて,使えそうな物はそのまま使いました。

結局、今回買ったレースの機能性カーテンは一枚だけ。

省エネ遮熱ボイル・レースカーテン:ディノス

2008年にレースのカーテンを遮熱・UVカットに買い換えた時に、ディノスのカーテンがおしゃれだったので、南に2つある掃き出し窓の一つは、この時買ったレースのボイルカーテンをそのまま流用。

もちろん、遮熱・UVカット機能がついています。

このレースのカーテンが、リーフ柄でグリーン系だったので、新調する普通のカーテンもグリーンにしました。

買ったのは、セシール。

遮熱・遮音安眠1級遮光ジャカード織カーテンです。

このカーテンのグリーンを買いました。

窓につけるとこんな感じになります。

120719dinoscurtain1.jpg

で、この部屋と続きの部屋も、カーテンは同じものにして、レースのボイルカーテンを雰囲気似たのをディノスで選びました。

それがこの省エネ遮熱ボイル・レースカーテン(2枚組)。

120719dinoscurtain2.jpg

幅100cmの183cm丈。

色はリーフ柄とホワイトとあったけど、もちろんリーフ柄!

120719dinoscurtain3.jpg

窓にかけると、こんな感じ。

120719dinoscurtain4.jpg

遮熱・UVカットレースカーテン効果あり!

さて、このディノスのレースのボイルカーテンですが、UVカット率は約96%、遮熱効果率は約35%。

さらに、目隠し効果もあります。

防炎加工もされているみたいです。

遮熱効果をうたうレースのカーテンは、ものによっては、分厚すぎて、光が差し込まず室内が暗くなってしまうものもありますが、わたしが今回買ったディノスのレースボイルカーテンは、そんなことはありません。

遮熱効果が高いものはどうしても分厚くなってしまうんですよね。

分厚くても遮熱効果をとるか、ちょっと薄くなるけど室内への採光をとるか、という感じでしょうか。

わたしは、今回はちょっとおしゃれに決めたかったので、遮熱効果は約35%とありましたが、わたしの趣味にあったグリーンのリーフ柄にしました。

120719dinoscurtain5.jpg

そして、実際の効果ですが、先日から急に気温があがって、猛暑日が続いていますが、ディノスのレースボイルカーテン、効果は実感しています。

日中かんかん日が照っている時に、エアコンをかけた室内で、レースのカーテンを開けると、それだけで、熱気が襲ってきます。

慌てて、レースのカーテンをひくと、全然涼しさが違います。

これって、エアコンの効きもずいぶん違ってくるんじゃないでしょうか。

外出するときには、このUVカット・遮熱レースカーテンと、遮熱・遮音安眠1級遮光ジャカード織カーテンをひいて、エアコンをつけた状態から、エアコンを切って外出しても、2時間くらいなら、そんなに室内が暑くてたまらない、という感じではありませんでした。

最悪、あまり暑い時は、レースのカーテンにプラス、ジャガード織カーテンもひいてしまえば、熱気もずいぶん違います。

思えば、最近のカーテンはずいぶん高機能になりましたね。

室内がエアコンをつけても暑くて困っている人は、カーテンを見直すとよいと思いますよ。

買い換えるのにお金はかかりますが、手軽にすぐできる方法です。

本当に、日本の夏はどんどん暑くなっちゃってorz

室内で熱中症にならないように、皆さんも暑さ対策、気をつけてくださいね!

購入はこちら ? セシール

タイトルとURLをコピーしました