ランプ周り比較!初代エスティマハイブリッドこだわり4連ランプと二代目の違いとは

こだわりの4連ランプは初代エスティマハイブリッドだけ!

我が家のエスティマハイブリッドは2001年式。

この初代エスティマハイブリッドを語るのに、4連ランプの話題は外せません。

2001年版は、ランプ部分が丸い4連で、後ろも前もあるのが、デザインの特徴でした。

エスティマハイブリッド4連ランプ前

前は、外からウインカー、ロービーム、ハイビーム(ハイビームの中にスモールランプ)、フォグランプ。

初代エスティマハイブリッド4連ランプ前

当時、普通のガソリンエスティマのライトは、3連で、ウインカー、フォグランプ、ハイロー切り替え式ヘッドライトでした。

ディスチャージにすると、ハイロー二つに分けないといけないのでフォグランプがつかなかったのです。

当時は、エスティマハイブリッドのディスチャージは、切り替えできなかったんですね。

2001年頃は、まだ明るいディスチャージランプは出始めで、高級車にしかついていませんでした。

今では、エスティマやクラウン、プリウスなどは、ディスチャージランプほぼ標準装備。

進化してますなあ。

普通のエスティマだと、フォグランプがつけれなかったので、エスティマハイブリッドが出た時に、4連になってたので、フォグランプがつくぞ!!!と一部コアなファンの間では、話題になったようです。

エスティマハイブリッド4連ランプ後ろ

後ろは、外からウインカー、テール&ストップ、バック、テール。ただし、わが家のは寒冷地仕様なので、テール部分はリアフォグです。

初代エスティマハイブリッド4連ランプ後ろ

後ろのウィンカーは、片側9つのLED。当時LEDは出始めただったので、珍しいものでした。当時は後ろのウィンカーがLEDとか、超珍しいものでした。

マイナーチェンジ後は、ウィンカーはLEDから普通の電球になったかわりに、テールストップとテールがLEDにかわりました。

ストップランプはブレーキを踏んで交差点で止まっている時に、ずっとついているので、ウィンカーに比べて省エネ効果が高いので、そのように変更されたようです。

最近のクルマは、ストップランプにLEDが増えてきましたね。

現在のエスティマハイブリッド

そんな話題も今は昔。

モデルチェンジで、4連ランプの特徴的なデザインは二代目エスティマハイブリッドからは消えてしまいました。

こちらが、現在の二代目エスティマハイブリッドのランプ周り前側。

二代目エスティマハイブリッド前ランプ

初代から乗っている夫は、ちょっと寂しいみたいで遠い目をしていました・・・。

初代の4連ランプをかっこいい!と思う人は、エスティマハイブリッドの中古車をチェック!

エスティマハイブリッドで車中泊大好き夫がやってる車中泊準備についてはこちらの記事から!
▶ エスティマ車中泊の実際その1:第一世代エスハイを座席を倒して車中泊仕様にする
▶ エスティマ車中泊の準備その2:目隠しパネルを用意する、iPhoneをエスハイのステレオで聞けるようにする

車中泊グッズのお店 ▶ 車中泊専門店オンリースタイル

気になるエスティマハイブリッド中古車のお値段は?
ガリバーでチェック! ▶ エスティマハイブリッド(トヨタ)

タイトルとURLをコピーしました