ゲーム機やゲームソフトを売る!捨てるシンクロニシティ、キタ-!

こどもも断捨離漫画を読み始めた

新しく買った断捨離漫画「断捨離アンになろう!」がおもしろくて、毎日読み返していました。

川畑のぶこさんの断捨離本の内容を漫画にしたような感じですが、大変読みやすく、お片付け、断捨離へのモチベーションも、非常に高まります。

で、これを読んで、がんばるぞーと思って、服を断捨離し、本や漫画を断捨離しました。

すると、そのへんに置いておいたら、漫画好きの子供も、読んだようで、こどもも断捨離を始めました。

断捨離シンクロニシティ、キタ-!

脱DS宣言!

なんと、上の子が、ニンテンドーDSLiteはもう使わないから処分する、というではありませんか。

これには、親の方がびびってしまって、いいの?本当にいいの?と聞く始末。

PSPは使ってるから残すけど、DSLiteはゲーム機もソフトも使っていないから、もういい、という答えが返ってきました。

そして、PSPも本体は使っているけど、ゲームソフトはあまり使っていないから、処分する、と。

折しも、こどもは今年大学受験。

あれだけ、ゲームやめとけ、と口をすっぱくしてもなかなかやめなかったのに、この大英断。

断捨離漫画のおかげです。

査定に3時間以上!でもすっきり!

で、最初、DSLiteとゲームソフトだけ近所の古本屋2軒へ売りに行ったのですが、ちょうど片方のお店が10%買い取りアップをしてました。

ゲームは、2件のお店で査定してもらったので、とても時間がかかりました。

2件目は、古本と一緒に査定してもらったら、なんと査定時間3時間。

とても疲れましたが、大量にモノを処分すると、なんだか体まで軽くなった気分?

なんでしょう、このすっきり感は。

スーファミもPSもゲームキューブもみんな売っちゃった!

そこでさらに思い出したのが、押し入れに眠る、ゲームボーイ・スーパーファミコン・ニンテンドー64・ゲームキューブ・プレイステーション。

ゲーム機本体とそのソフト達。

あれこそ、使ってないからいらないんじゃない?

実は、いつも利用しているネットショップの買い取りではゲーム機本体は買い取りしてくれないんですよね。

それにあまりにゲームボーイとか、あまりに古いものは買い取ってくれないお店も。

でも今回、近所の2件目の古本屋はなんでも買い取ってくれるそうで、ゲームボーイのソフトや、古いゲーム機本体もOKと聞いてきたので、もうこの際、全部売って、すっきりしてしまおうぜ!

ということで、また翌日、押し入れにつっこんであった、古いゲームソフトとゲーム機を断捨離。

一応、中身を確認して、足りないモノは探し出してこないといけないので、これが結構疲れました。

ハードな作業でついに持病の片頭痛発作でダウンしてしまい、お店での査定と売却は、こどもとパパにお願いすることに。

こうしてやっと、ずっと気になっていたもう使わないゲームソフトもゲーム機も断捨離できました。

なんだか重荷がとれたような気分です

さて、こうして、服・漫画・ゲームを大量に断捨離した我が家。

気のせいか、重かった空気が少し軽くなったような気がします。

使わないものが大量にあったせいで、空気がよどんでいたのかもしれません。

使わないものからも、何かマイナスのパワーも出ていたのかもしれませんね。

あれだけ大量にモノを処分して、何か困ることがあるかな、と思いましたが、今のところ、特に何も困っていません。

むしろ、服などは、把握できる量になったので、かえって、満足感を感じています。

いらないのにモノをとっておくことは、ムダなパワーを使うことなんだなあ、と実感しました。

まだまだ押し入れにいらないモノがつまってますので、一息ついたら、再び断捨離したいと思います!

皆さんも、是非断捨離して、すっきりしてください!

  

タイトルとURLをコピーしました