格安で品質のいい子供服を買うポイントまとめ

子供にかける費用は何が重要か見極めて!

子供がどんどん成長していく姿を見ることは、親としてはとっても嬉しいこと。

だけど、子供の成長にあわせて、子供の服を買い換えないといけないのは、ちょっとため息が出ますね。

え?もう着れなくなっちゃったの?とわたしもよく悲鳴をあげました。

もちろんお金を出せば、デザインのよい品質のいいブランド子供服はいくらでも手に入れることができます。

でも、子供を育てるというのは、教育費用も含めて莫大な費用がかかります。

特に、子供が大学に進学する時には、たいていの家庭で家計が赤字になってしまう、というデータも見たことがあるくらいです。

出来れば、子供が小さい頃に不要な出費は抑えて、出来るだけ将来のために貯蓄しておきたいところですね。

そうなると、節約の手段の一つとして、被服費を抑えるというのは、ぜひとも考えておきたいところです。

ブランド服か、格安服か

被服費を抑えるということを考える時には、一般的には二通りの方法があると思います。

一つは、ブランド服を買って長く大事に着る

もう一つは、格安だけど品質のよいものを見つける。

この2つです。

だけど、子供服を考える時に、忘れてはいけないのが、子供はどんどん成長していく、ということです。

どんなに品質のよいブランド服を購入しても、成長して、着れなくなってしまえば、宝の持ち腐れです。

ヤフオクなどで売ってしまう、という手もありますが、ネットにそれほど詳しくない人には重荷でしかないでしょう。

そうなると、格安でも品質のいい服を購入するというのが、節約方法としては最有力だと思います。

格安服を見つけるのはネット通販が便利!

では、格安でも品質のいい服を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?

近くに信頼のおける衣料品店があれば、そこをメインに利用するのもいいでしょう。

ワンシーズンと割り切れば使用に耐えうるものは、安くても結構あります。

でも、小さい子供さんを持つお母さんというのは、外出するのも一苦労です。

服をみている内に子供が迷子になって肝を冷やした、というのはよくある話です。

スーパーまで出かけるのも一苦労ですしね。

そこで、活用したいのが、ネット通販です。

ネット通販のよい点、悪い点

ネット通販のよいところは、サイトにもよりますが、その服の情報をじっくりと吟味できるところです。

販売しているサイトも、服のアピールポイントを書いてくれている通販サイトを利用すれば、自分の好きな時間に、家にいながらにして賢くお買い物できます。

子供が迷子になることもありません!!

もちろん、ネット通販にも不利な点はあって、それは試着して買えないということです。

しかしこれは、利用する通販サイトを選べば、返送料だけ払えば、お客様理由でも返品できるサイトがありますから、そういうサイトを利用することです。

たまに、キャンペーンで返送料無料の時もありますので、そういうチャンスをうまく利用すれば、さらにお得に通販でお買い物できます。

物は考え用で、子連れでお金をかけて、スーパーやデパートに出かけることを考えると、実は返送料の方が安かった、ということはあるんじゃないでしょうか。

子連れで出かけてぐったり疲れることを考えると、それが楽しければ別ですが、楽しくないのならそのお出かけに使うエネルギーと時間をもっとほかのやりたいこと・やらないといけないことに使えますよ。

そうは言っても、ネットで子供服を買うのは不安だ、という方のために、ここは押さえておきたい、ネットで買える子供服のお役立ちポイントをご紹介していきたいと思います。

とにかく名前を書かされる幼稚園、保育園、小学校

新学期になって、幼稚園、保育園、小学校に通う親御さんを襲う試練の時!

それは、持ち物のお名前書きorz

我が家も、小さなおはじき一つ一つに、これ全部名前書くの?ひーっ!!!となりながら、目をしょぼしょぼさせながら名前を書いた覚えがあります。

最近はお名前シールも普及してきて、だいぶ楽になってきた感はありますが、シール不可なんていう学校もあったりして、マジで!!??と、まあ、なかなかいろいろスリリングな季節ですね☆

そして、お名前書きは、持ち物だけてなく、お洋服も例外ではありません。

わたしも、子供が保育園に通っていたときに、Tシャツとか、パンツとか名前を書きました。

書けるものは、品質タグに無理やり名前を書きましたが、書けないものもあって、そういうのは、Tシャツやトレーナーの裾にマジックで名前を書きました。

むっちゃカッコ悪かったです・・・。

そんなところまで、買うときに考えなかったんですよ。

ひーっ!!!

お名前タグのついた服を買おう

で、こんなかっこ悪いことになりたくなければ、子供服はできるだけ名前タグがついたものを買いましょう。

物によっては、学年・クラス・電話番号・血液型まで書く欄がついているものもありますよ。

昔は、体操服などは、学校指定がほとんどですが、最近は各自で揃えることもあるようです。

体操服や制服のポロシャツやブラウスは、学校で着替えることも多いので、ほかの子どもさんの持ち物と間違えないように、必ず名前を書いておきたいですね。

この名前タグがついた服を作っている、というのは、その名前タグがついているということだけでなく、こんなことがあったら便利だなという、その会社のものづくりの姿勢を示している、思うんですよね。

名前タグがついているメーカーがあったら、ぜひほかの服もチェックしてみてください。

子供やお母さんに優しい、お役立ちなこだわり満載の服が見つかるかもしれませんね。

ゴムヒモを取り替えられるのは大事!

子供服で買うときにチェックしておきたいのは、ボトムスならゴムヒモを取り替えることができるかどうかということ。

特にパジャマ!!

ウエストゴムの場合、ゴムヒモが交換できるタイプと、ゴムヒモを縫いつけてあって、交換できないものがあります。

よっぽどデザインが気に入って、これを着せたい!!とかいうのでない限り、ウエストゴムを縫い付けたボトムスよりも、ゴム紐を取り替えれる子供服を選んだ方が無難です。

なぜならゴムが縫いつけてあると、ゴムヒモがきつかったり、伸びたり、切れたりしても、ゴムを取り替えることができないからです。

ゴムヒモが交換できるタイプなら、ゴムヒモを交換するだけでOKだからです。

ゴムヒモを縫ってあるのをほどこうとかは無理

ちなみにわたくし、一度、自分の服でデザインが気に入ってどうしても欲しくて、ウエストゴムを縫いつけたボトムスを買ったことがありました。

でもその服、ウェストがきつくて、ゴムヒモを替えないといけなかったのです。

服を買うときには、ウエストゴムを取り替えて履こう!と思いましたが、元来ずぼらな管理人です。

一度は、縫い目をほどいて、後でミシンで縫おうと思いましたが、結局最後までできずに断念しました。

ちなみに、わたくしずぼらではありますが、子供のトートバッグ縫ったり、なんちゃって浴衣をミシンで縫えるくらいのお裁縫技術は持ってます。

それでも挫折しました。

めんどくさいんですよ、ぬいつけてあるウェストゴムの縫製ほどくのって。

だから、もうウエストゴムを縫いつけたボトムスはジャストサイズのものしか、買うものかと心に誓っています。

ゴムヒモをかえれば案外長く使える

子供の成長具合というのは、人それぞれなので、サイズ的には本来小さいサイズでも、ゆったり作ってあるものは、ウエストゴムを換えれば、長く着れるものもあったりします。

パジャマとか、特にそうですね。

実際、うちの子も、パジャマは、え?まだこのサイズ着れるの?と言いつつ、ゴムを替えながら、かなり長い間着たことがあります。

なので、子供服のボトムスを、買う時、出来れば大人のボトムスを買う時も、ウエストゴムを交換できるものを選ぶ方がオススメです。

ちなみに、ウエストゴムの取り替え口は、比較的、どのメーカーでも左側にあることが多いそうですよ。

服をチェックするときの参考にされてみてください。

ハンカチを入れるポケットはあるか?

昔は、小学校や幼稚園は制服がありましたが、最近は制服がないところも多いようです。

そういう時にぜひ気をつけておきたいのが、服のポケットにハンカチとティッシュが入るかどうか、ということです。

デザインばかり重視していると、可愛くても、ハンカチもティッシュも入れるところがない、小学校生活や保育園生活には残念な、服装になってしまうことがあります。

ポケットの深さも確認しよう

また、ポケットがあっても、浅くてすぐハンカチもティッシュも落ちてしまうようなものでは、子供も落とし物ばかりして、それはちょっとかわいそうかもしれませんね。

ちゃんとハンカチやティッシュを入れるだけの深さがあるかどうかも、できれば確認できるといいですね。

子供と一緒に選ぶと、子供はそんなことまで考えずに選ぶと思いますから、そこは親御さんがしっかりチェックしてあげましょう。

そして、ハンカチやティッシュを忘れずに学校へ持って行ける習慣がつくといいですね。

ベルメゾンとニッセンが便利です

こうしたこども服は、カタログ通販のベルメゾンやニッセンが力を入れて開発しています。

ネットで購入できるのも、ありがたい。

興味がある方は、チェックしてみてくださいね。

購入はこちら! ▶ ベルメゾンネットicon
購入はこちら! ▶ カタログ通販「ニッセンオンライン」

可愛いアイテムいろいろ ▶ ベルメゾンネット icon

ベルメゾンネット ベルメゾンネット

タイトルとURLをコピーしました