入学式・卒業式のサブバッグに折り紙バッグ!

もうすぐ、入学式・卒業式ですね。

今回は、わたしが式当日にサブバッグに使った、世界に一点しかない一点物で、アメリカの美術館でも販売されていて、コンパクトにたためて便利な和のバッグ「折り紙バッグ」をご紹介します。

折り紙バッグとは?

折り紙バッグって、聞いたことない方も多いと思います。

折り紙バッグというのは、マザーズタッチというお店が販売している、着物や帯の生地をリメークして作ったバッグなんです。

100206origamibag1.jpg

古布を使って作るため、世界でただ一つの一点物になるそうです。

2008年の秋頃からネットで販売され、静かなブームを呼んでいるバッグなんですよ。

リメーク?って思うかもしれませんが、なんと、アメリカノースカロライナ州のフィアットビル美術館の館内ショップでも2009年の1月下旬から販売されているそうなんです。

世界に日本の伝統美を届けているバッグなんですね。

100206origamibag2.jpg

我が家の折り紙バッグ

さて、では我が家に届いた折り紙バッグをご紹介しますね。

こちらが、我が家の折り紙バッグ。主人が欲しくて買ったので、主人チョイスなので、かなり渋めの色になっています。

100206origamibag3.jpg

わたしが選ぶなら、もっと赤とか派手な色を買うんですが。

でも、この色も結構渋くて素敵。

その日の気分で持ち手を反対にしたり。

100206origamibag4.jpg

この折り紙バッグ、中に何も入れてないときは、こう平ぺったくなりますので、たたんで、バッグに入れておけば、サブバッグとして重宝します。

100206origamibag5.jpg

上の部分がこんな風に切り込みが入ってるんです。

100206origamibag6.jpg

で、上の部分は両方手が通るようになっているので、両方手を通してもよし。

100206origamibag7.jpg

片方をひっかけて、こんな風に片側で持ってもよしです。

100206origamibag8.jpg

折り紙バッグにどれくらいものが入るか

折り紙バッグには、ウォレットプラス、おさんぽサイズ、ゆったり大きめサイズとありますが、我が家が買ったのは、ゆったり大きめサイズ。

わたし、荷物が多い人なんですよ。

で、どれくらい折り紙バッグにものが入るかと言いますと・・・

参観日に行くという想定でものを詰めてみますと・・・

100206origamibag9.jpg

赤いのがお財布、ティッシュにハンカチ、iPhone。ここまでは、結構余裕です。

そこへ、スーパーの袋に入れたスリッパを入れるとこんな感じ。

100206origamibag10.jpg

さらに、もう少しものが入りそうです。

ちなみに、さっき上の方に掲載した写真を再掲しますが、この写真はこれだけのものを入れた状態で撮影した写真です。

100206origamibag3.jpg

おしゃれ時のサブバッグとして

あまり、仕事とかにがしがし使うようなバッグではないので、ちょっとそこまでお出かけとか、サブバッグとかに使うと良いと思います。

わたしは、入学・卒業式のサブバッグに使いました。

着物の布を使ってるから、なんとなく、きちっとした感じもするし、おしゃれでしょ♪

収納も、本当、ハンカチたたむみたいにたたんでおけるので、ほとんど場所をとらないので、助かります。

他の人が誰も同じ柄を持ってない一点物!というのも、ちょっと自慢になるポイントですよね。

折り紙バッグの入手先

さて、この折り紙バッグの入手先ですが、マザーズタッチ直営のネットショップで販売されています。

とにかくしつこいですけど、一点ものなので、気に入ったものがあったら、売り切れる前に購入されることをおススメします。

興味のある方は、是非チェックしてみてください!

▶ マザーズタッチ

タイトルとURLをコピーしました