防災食の準備:食べやすい保存食を常備しておくことも大事

新型インフルエンザのパンデミックが心配される今日この頃。もしパンデミックが起これば、新型インフルエンザに感染しないよう、とにかく外出しないことが大事になるんじゃないかと思われます。

そうすると、外出しなくても大丈夫なように、食糧や日用品も備えておかなくてはなりません。

防災食を買う前にまず味見を

とっさに思いつくのが、防災食ですが、これは、食べ慣れた味とは違うことも多いので、まず試食してから、好みにあったものを多めに買うことをおすすめします。

我が家には、買いだめしたものの、食べてみると、あまり美味しくなくて、たくさんそのままになっている防災食が押し入れに・・・とちょっと遠い目。

非常事態が変われば、使える非常食も変わる

さて、防災食も、非常事態の程度によって、なにも全てかんづめとかでなくても、良いのではないかと思っています。

地震などが起きてライフラインが断絶した時と、新型インフルエンザの初期で、まだ電気水道ガスが使える時とでは、使える防災食も違ってくるのではないでしょうか。

地震用の完璧防災食ばかりでなく、普段の食事の延長上の保存食の常備もしておきたいところです。

どんな非常食があるか、というのは、こちらのブログで実食レポートをを書いてありますので、よければ参考にどうぞ。

▶ 防災非常食ブログ

タイトルとURLをコピーしました