漫画の収納に困るくらいなら借りればいいのよ!自宅の外に漫画倉庫を持つというライフスタイル

捨てる決心コミック編/レンタルコミック利用で押し入れすっきり!

わたしは、40代半ばですが、漫画を読むのが大好きです。

好きな漫画はどんどん買います。

その結果、家の中が漫画だらけになっていました。

漫画は大好きなのですが、こう家の中が漫画だらけになると、それはそれで嬉しいのですが、時には圧迫感を感じて、とてもうっとおしい気がします。

昨年狭い賃貸マンションに引っ越したから、なおさらです。

そんなわたしですが、最近どんどんコミックを処分しています。

でも、コミックを読む量は前よりぐんと増えています。

一体どうしてでしょう。

漫画ライフを楽しみつつ、すっきり暮らす糸口を見つけましたので、ご紹介します。

今までの漫画を読める方法

今までのわたしには、漫画を読むには3つの選択肢がありました。

  1. 新刊で買う
  2. 古本で買う
  3. 図書館で借りる

この3つです。

友達に借りるのはめんどくさい

友達に借りるという手もありますが、さすがに40代になって、漫画を、がんがん買っているような近所のリア友はいませんでした。

また、漫画や本の貸し借りというのは、お互いの本に対する価値観が同じでないと、汚れて帰ってきたり、そもそも帰ってこないこともあったりして、精神的に非常に疲れます。

わたしは特に、本や漫画を読む時は、食べかすが本にはさまると嫌なので、物を食べない派です。

なので、友達に貸して、帰ってきた本に食べかすがはさがっていると、悲しくなるのです。

もちろん、自分の本を読みながらおやつを食べてリラックスするのを否定するわけではありません。

楽しみ方は人それぞれなので、やりたい人はやったらよろしい。

しかし、わたしは、本や漫画を大切に保管したいので、自分の本がそうなるのが嫌なだけ。

でも、貸すときにいちいちそれをお願いするのは余計にめんどうだし、言わないなら言わないでストレスがたまるし、なかなか返してくれない人もいて督促するのもめんどくさいしで、高校生くらいの頃には漫画の貸し借りもしていましたが、今はやらないだけです。

図書館で借りるのはサイクルが長すぎ

また、お勤めをやめた直後は図書館で漫画を借りるというのも、前からやりたかったので散々やりましたが、これも効率が悪いのでやめました。

確かに、無料で漫画を読めるのはありがたいですが、無料なだけに、予約を入れる人も多く、なかなか順番が回ってこないことも。

また、品揃えにも限りがあるので、早晩飽きました。

新刊か古本屋

そういうことで、わたしの漫画生活は、

  1. よほど好きなコミックは新刊
  2. とりあえず読みたい漫画は古本

というライフスタイルが確立されました。

しかし、これだと、どんどんコミックが増えていきます。

本棚、押し入れ、とにかくあっちもこっちも漫画だらけです。

本というのは、結構圧迫感があって、普段はそこらじゅうに本や漫画があると快感なのですが、たまに全部捨てたくなりますw

そんなわたしの漫画生活に変化が始まったきっかけはTSUTAYAのレンタルコミックを利用し始めてからでした。

漫画を読める選択肢に、コミックレンタルという選択肢が増えたのです。

TSUTAYAのコミックレンタル、うちの近所は1冊50円

今までは、1冊読むのに新刊コミックなら400円から600円、お金を払う必要がありました。場合によっては1000円コースもありました。

それを古本屋で買い取ってもらっても、高価買い取りでも200円か、行って300円。

つまりちょっと読みたいコミックを新刊で読もうとすると、最低でも200円とかするわけです。

古本はそれよりは安いですが、探す手間がありますし、何より読みたい時に古本があるとは限りません。

昔に比べれば、ネットの古本屋があるので、探す手間はだいぶ楽になりましたが、それでも人気のコミックは古本では手に入れづらいものもあります。

それが、わたしが通ってるTSUTAYAは、なんと1冊50円で1週間コミックをレンタル出来ます。

漫画を1冊50円で借りれるなんて!!

どんなパラダイスかと最初思いましたね。

10冊借りても500円ですよ!

アンビリーバボー!!ワンダホー!!

しかも、結構ハイペースで新刊レンタルできるようになります。

古本で探して読むより、レンタルショップの新着棚をチェックした方が新刊を早く読める確率が高い感じです。

それまでは、行ける範囲にTSUTAYAがなかったので、コミックを借りるという行動を取ってなかったのです。

ということで、とりあえず借りて、ガンガン読んでたわけですが、読んでいるうちに、わたしの漫画生活に変化が訪れました。

漫画の収納に困るくらいなら借りればいいのよ!

今までは、買うことでしか漫画を読めなかったので、買った本は手元に置いていたのですが、レンタルコミックを利用し始めると、とりあえず読んでみたいコミックが多いということに気がつきました。

続きは読みたいけど、手元に置いて何度も読み返したいわけではない。

置いてあると、つい読んでしまうけど、常に手元に置いておきたいわけではない。

そんなコミックが結構あったのです。

そんなコミックが大量にあって、わが家の収納スペースを圧迫していたとは。漫画の収納に困っていましたが、実はその漫画はそれほど必要でもなかった、みたいな。

なので、そういうコミックは、とりあえず古本屋に買い取ってもらうことにしました。

そして、実際にとりあえず手元に置いて遭ったコミックを処分してみても、あれがないと困る!!ということは今のところありません。

読みたくなったら借りればいいのだし、もし万が一どうしても手元におきたくなったら、その時はもう一度買えばいいのです。

でも、多分そんなことはなさそうですが。

昔はどうだか知りませんが、最近の自分はお気に入りの漫画を所有していることより、レンタルでも新しいコミックをどんどん読むことの方が価値があり、楽しいと感じているようです。

漫画の収納に困るくらいなら借りればいいのよ!

ってことですね。

押し入れもすっきり!

とりあえず読みたいコミックを処分したおかげで、押し入れもだいぶすっきりしました。

よく考えれば、押し入れに突っ込んでいる時点で、そのコミックの賞味期限は終わっている気がしますが、今までは、それに気がついていなかったのかなという気がします。

古いコミックはなんとなく古ぼけた感じがして、それも悲しみをそそるのですが、そういうのも処分しちゃったのですっきりしました。

今までは、コミックを売るなんて!と思っていましたが、結構お気に入りのコミックを売って、それが手元になくなっても、実は毎日の生活にさほど変化はなくて、それほど寂しいわけでもなくて、なんだ、こんなことなら、早いとこ処分しても良かったのかな、という気もしました。

ちなみに、これを実行するのは、読みたい時には最悪買い直せる、というのが前提です。

わたしは、子供の頃に親に買ってもらった、わたしのSF・ファンタジー好きを決定づけた非常に大事な本がありますが、これは既に絶版していて、ほかでも販売されていないので、その本はボロボロですが、大事にとってあります。

わたしの宝物です。

自宅の外に漫画倉庫を持つというライフスタイル

物が多すぎると、アンテナが鈍り、自分が何を好きなのかわからずに思考停止してしまうような気がします。

それは、本であっても同じです。

押し入れに本を突っ込んで忘れ去っている状態というのは、案外まずい気がします。

喜びだけ感じているのなら別ですが、うっとおしいと思うなら、コミックは、再び買えるものは手放してみてもいいかもしれません。

そのぶん、レンタルコミックをどんどん活用しましょう!

それは、自宅の外に漫画倉庫を持つようなもの。そういうライフスタイル、素敵だと思いませんか?

TSUTAYAは、ネットでもレンタルコミックをやっているようです。

値段は店舗とは違うようですが、試しに借りてみるのもいいですね。

とりあえず最初登録すると、DVDの無料お試しキャンペーンなどもあるようなので、キャンペーン情報を確認して楽しんで、そのあとレンタルコミックに利用する、というのもありかと。

近くにレンタルコミックがないよ!という方は、是非チェックしてみてくださいね。

▶ TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!

実は、レンタルコミック以外にも、わたしの読書ライフに大きな変化をもたらしたものがあるのですが、長くなったので、それは次回に!

  

タイトルとURLをコピーしました