子供の教科書・ノート・プリント類を捨てる!

どうする?子供の教科書・ノート・プリント類

今まで捨てたくて捨てれなかったモノがあります。

それは、子供の教科書やノート・プリント類。

現在、我が家は上の子が高校3年生、下の子が中学三年生ですが、やっと、教科書類を処分する決心がつきました。

長くとっておいても結局使わない

実は、わたし自身、今までは、思い出として結構いろんなモノを取っておきたい派でした。

ですから、自分の教科書とかノートとか、プリントとかもだいぶ長く、というかついこの間までとっておいた、というか、実家にもう放置状態でした。

断捨離本や捨てる系本を多読した今では、もういらないよね、と思えるので、時間がある時に実家のモノを処分しているところです。

そんな超長いこと持ってた経験からして、教科書とかノートとかプリントとか、まあちょっと懐かしい気がしないでもないですが、まあ、いらないよ、という感想でした。

思い出に残るものはとっておけばいいと思うのですが、全てをとっておく必要はなかったよね、と思いました。

というか、ずっとこのスペース、これが占領してたって、超もったいないよorz という感じです。

こどもの教科書類、いざ処分!

実は、4月以降引っ越しすることになりそうなので、今のうちに荷物を減らしておきたいという事情もあったりして、こどもの教科書類は処分することにしました。

高校三年生の上の子は、小学校と中学校の教科書・ノート・プリント類。

中学三年生の下の子は、小学校の教科書・ノート・プリント類。

こどもは受験で忙しいので、母にお任せ、好きに処分。

ただし、読み返しておもしろいものとか、見ていて楽しいものは残しておくことに。

教科書なら、国語と音楽系。

結構、物語とか、歌とか覚えてるものだと思うので、大きくなって、自分がいらないと思ったら捨ててください、というスタンスで。

ノート類は、作文・日記帳関連。

読み返すと、なかなかおもしろいことがいっぱい書いてあります。

ああ、大きくなったなあ、と、こどもの成長を実感します。

プリント類は、やはり作文関連は残しておきました。

そうやって、処分しておくと、意外と小学校の方が残すモノが多いんですよね。

中学校ってあまり作文とか日記とか書かないじゃないですか。

中学生の間は・・・

あと、中学三年生のこどもの中学校一年・二年のものをどうするか、ということですが、これは中学三年生になっても、意外と使うようです。

うちは田舎で中学受験をするのは非常に少数ですが、高校受験は皆あるので、中学生の間は、中学校の教科書類を処分するのは、リスクが大きいかもしれないですね。

「中一の教科書の範囲をテストするから勉強してこい」とか、学校で言われるようですよ。

捨ててすっきり!

結局、押し入れ半間の上下分くらいは捨てたでしょうか。

小学校6年分×2+中学校3年分。

まだ、これから資源ゴミに出しますが、かなり家の中はすっきりしました。

ついでに、押し入れが詰め込まれすぎて、外に放置してあったものも、こどもの教科書類が入った段ボールがなくなったので、押し入れの中に収納することができました。

おおっ!なんだか、部屋が爽やかですよ!

断捨離効果で何か新しいいいことがあるといいなあ☆

  

タイトルとURLをコピーしました