【とろみとほどよい甘さ】スギマルカテキン入りしょうが湯

しょうが湯特集スタート!

スーパーで生姜湯が並んでいる棚を見ていたら、ふと、今年の冬は、しょうが湯を極めてみようと思い立ちまして、しょうが湯特集を始めてみることにしました。

早速、棚に並んでいた生姜湯の中から美味しそうなものを選んで買ってきました。

121204shogayu1.jpg

トップバッターは、スギマルのカテキン入りしょうが湯です。

スギマルカテキン入りしょうが湯を買った理由

スギマルカテキン入りしょうが湯を買おうと思った理由はこれ!

  • 製造者が広島県福山市の会社
  • 昔ながらの手法により製造
  • 使用原料の産地を書いてある
  • 本葛を使っている
  • カリンを使っている

まず、製造している杉丸物産株式会社は、広島県福山市の会社です。

121204shogayu2.jpg

昔ながらの手法ってのも、ちょっと興味をひかれました。

さらに、嬉しいことに、原材料の産地が書いてあります。

121204shogayu3.jpg

ひね生姜・・・熊本県産
本葛・・・鹿児島県産
片栗粉(馬鈴薯澱粉)・・・北海道産
黒糖・・・沖縄県産

原材料欄表示。

121204shogayu4.jpg

カロリーは、こんな感じ。

121204shogayu5.jpg

スギマルカテキン入りしょうが湯を飲んでみた

実際にスギマルカテキン入りしょうが湯を飲んでみました。

こんな小袋に入っています。

121204shogayu6.jpg

マグカップに入れます。

121204shogayu7.jpg

沸騰したお湯を約140cc注ぎます。

121204shogayu8.jpg

注意事項で、必ず沸騰しているお湯を使ってくださいとあります。

お湯の温度が低いととろみが出ないこともあるそうです。

飲んでみると、とろりとしたとろみがのどごしがよく、快感です。

121204shogayu9.jpg

甘さは割と甘めで、生姜の辛さもあまり辛くないので、飲みやすい感じです。

紅茶に入れるとしょうがティーになるそうです。

総合評価:のみやすい
リピートしたい度:★★★★☆
とろみがあってのどごしがよい
甘め
辛さはあまり辛くない

甘いのが好きな方におすすめです!

タイトルとURLをコピーしました